ここるん使用のページ

人権啓発マスコツトキャラクターここるんについて

ここるん使用のページ

高知県人権啓発センターでは、人権を大切なものとして身近に感してもらえることを願いマスコットキゃラクター「ここるん」を作成しました。

☆「ここるん」は、高知県人権啓発センターに住み、みんなの人権を守る犬の妖精です。いろんな意見を聞くための大きな耳と、あたたかな心を持っています。
カラフルな色は多様性の尊重を表しています。


☆「ここるん」という名前は、平成28年に公募し、1430件のなかから選ばれました。コロコロとしたかわいい見た日と、「こころ」という言葉が由来になっています。

ここるん着ぐるみの貸出しについて

ここるん着ぐるみの貸出しについて

ここるんの着ぐるみができました!
貸出しを希望される方は、「人権啓発マスコットキャラクターここるん着ぐるみ貸付要綱」をよく読み、当センターに予約状況を確認したうえで、「人権啓発マスコットキャラクターここるん着ぐるみ貸付承認申請書」を提出してください。
※使用不承認もありますので、ご了承ください。
※使用に当たっては、貸付要綱の別紙「使用にあたっての注意事項」を守ってください。

紙芝居「ここるんといっしょにまちたんけん」の貸出しについて

紙芝居「ここるんといっしょにまちたんけん」の貸出しについて

■紙芝居「ここるんといっしょにまちたんけん」(全15場面)
 (発行:2017年10月 (公財)高知県人権啓発センター )

 就学前(年中・年長組)〜小学校低学年を対象としたオリジナル紙芝居「ここるんといっしょにまちたんけん」と、ここるんの「パペット」を10セット作成しました。
 紙芝居のテーマは「多様性」。
 違いや個性を認め合いながら、偏見やいじめをなくしていくこと ――「みんな違ってみんないい」という人権の心を大切にしています。
 
 ストーリーには5つの人権に関するテーマを設定し、ここるんと子どもたちが楽しく掛け合いをし、一緒に考えながら進んでいく″参加型“の紙芝居となっています。
 人権について楽しく学び、考える機会としてぜひご活用ください。

【貸出期間】 1カ月以内。「じんけんライブラリー」にて貸出手続きをしてください。

★想定される学び
・紙芝居(約6分)…気づきや考えるきっかけを提供する。
・読後の振り返り(15分〜30分)…みんなで意見を交わし考える。

★振り返りのヒントが詰まった「手引書」も用意しています。
★ここるんの「パペット」と併用することで、子どもたちの集中力がぐんと高まります。

【お申し込み・問い合わせ】
(公財)高知県人権啓発センター
 TEL 088−821−4681

イラストの使用について

イラストの使用について

人権啓発マスコツトキャラクター「ここるん」は、人権啓発推進のために広くご使用いただけます。
市町村による人権啓発事業のチラシや、学校の授業で配るプリント、パワーポイントの挿絵など、
様々な場面でご活用ください。

基本デザイン(7種類)

※キヤラクターの使用に当たつては、誤認混同をさけるため、キヤラクターと同一紙面上に
「(公財)高知県人権啓発センター 人権啓発マスコットキャラクターここるん」と表示してください。
※クリックすると大きくなります。


01_基本ポーズ

02_後姿

03_喜び



04_指さし(左)

05_指さし(右)

06_困った(考える)

07_ハートふりまく

「ここるん」デザインマニュアル

デザインマニュアルはこちら(PDF)

使用許諾と使用許諾申請書について

不特定多数の方に配布する印刷物、看板、パッケージ、グッズなどを作成する場合には、「人権啓発マスコットキャラクターの使用許諾に関する事務処理要綱」をお読みいただき、「使用許諾申請書」を提出してください。

(公財)高知県人権啓発マスコツトキャラクターここるんの使用許諾に関する事務処理の流れ

(公財)高知県人権啓発マスコツトキャラクターここるんの使用許諾に関する事務処理の流れ

1.(使用者)使用許諾申請書の提出
2.(センター側)審査 ※使用不可の場合もあります。
3.(センター側)使用許諾申請書許可の発行
4.デザインマニュアルをよく読んでお使いください。

HOME|企業・団体|人権相談|パネル利用|リンク|ここるんだより|個人情報保護ポリシー|もどる
公益財団法人高知県人権啓発センター
〒780-0870高知県高知市本町4丁目1番37号
TEL:088-821-4681FAX:088-821-4440


(224,775 - 20 - 447)
Copyright(C)2017Kochi Prefecture Human Rights Promotion CenterAll Rights Reserved.